まち元気 小田原

コンパクトでにぎわいあふれるまちづくり

文字サイズ

まち元気小田原について

合同会社について

まちづくり会社とは、地域の人たちが中心になり、地域の人的な資源を活かし、地域のために地域密着の事業を展開することを本質的な目的として設立される枠組みである。そのためには、このまちづくり会社は「人」中心の組織であることが重要な要素である。
2006年施行の新会社法によって定められた合同会社(一般略称「LLC」・英名“Limited Liability Company”)は以下のような特徴を持つ。
  1. 顔の見えない多くのオーナー=株主=出資者の利益を守るためにたくさんの詳細かつ多数の規則や組織が規定された「株式会社」との対比において、基本的に顔の見える者どおしで構成される組織である「合同会社」は内部組織やルールに自由度があり、目的に応じた組織・機関の設計が可能であり、よりスピードを重視した事業経営が可能になること。
  2. より簡便な形態である「合名会社」「合資会社」の出資者が無限責任を負うのに対して、合同会社の出資者は有限責任が認められており、金融機関等も含め、出資しやすい形態であること。
  3. 会社設立に関する手続きが簡便であり、費用も少ないこと。
以上の観点から、趣意書に掲げられたこのまちづくり会社の設立の目的と理念と照らして合同会社という会社形態が相応しいと言える。
財務諸表を作成し債権者に公開すること、租税公課の申告・納税義務を負うことは、従来の会社形態と同様であること。また、法人格を有することで、社債の発行も含め、株式会社同様の多様な資金調達手段を有する。更に、今後の展開によって様々な事業の運営母体が複数必要になることも想定され、その際にはLLCとLLP(有限責任事業組合)との組み合わせで展開することも視野に入れていきたいことを付記しておく。

Copyright © 2011 machi genki odawara, All rights reserved.